カロリナ酵素プラスの副作用について購入前に知っておきたいこと

人気モデルや芸能人にも大人気のカロリナ酵素プラス。でも、購入前には副作用についても知っておきたいという方がとてもたくさんいらっしゃいます。今回は、このサプリメントの副作用についてご紹介させていただきます。

 

サプリメントはお薬ではありません。ですが、含まれている成分で副作用の可能性があるものを含んでいる商品はあります。カロリナ酵素プラスはどうなのか、調べてみましたのでその結果を公開します。

カロリナ酵素プラスの成分について

副作用について調べるには、そのサプリメントにどんな成分が含まれているのか知ることが大切です。このサプリメントには、みなさんがあまり聞き慣れない3種類の特許成分が含まれています。それらも含めて、どんなものが使われているのかをご紹介させていただきます。

 

・リサポンウルトラ

 

アメリカ製造方法特許取得済みの成分で、油分を吸着して、体に吸収せずに排出するサポートをしてくれます。

 

・ガーシトリン

 

ガルシニアカンボジアと呼ばれる植物から抽出した物を主として作られている特許取得成分です。アメリカでは生活習慣病や肥満の治療にも使われている成分です。糖質の吸収カットや、空腹感を抑える効果が期待できます。

 

・レプチコア

 

恋をするとドキドキします。これは、恋愛している時に限り脳から分泌されるPEAという恋愛ホルモンによるものです。これをダイエットに特化した配合成分としてアメリカで特許を取得している成分です。

 

恋をするときれいになりたいと努力するようになります。食欲が抑制されて、血行促進、代謝アップで、ダイエット効果が期待できます。

 

・89種類の野草発酵エキス

 

野草63種類・果実10種類・野菜9種類・海藻2種類に、砂糖、オリゴ糖、甜菜糖、ハチミツ、黒砂糖で、全部で89種類を使って、発酵・熟成させたエキスとなっています。

 

・サラシア&ギムネマ

 

インドやスリランカで昔から秘草をして使われてきた植物で、インドでは数千年以上も前から使われています。サラシアには、腸内の善玉菌を増やしてくれる効果があります。ギムネマはみなさんもご存知の通り、糖の吸収を抑えてくれる働きがあります。

カロリナ酵素プラスに副作用はあるのかどうか

この商品はお薬ではありません。基本的に、副作用の可能性は低いといえる商品です。ただ、先にご紹介した成分で、稀に下痢や腹痛といった症状がでることがあります。

 

万が一、体に何らかの異常が現れた場合は、すぐに飲むのを中止してください。改善が見られない場合は、速やかに病院を受診するようにしましょう。その際は、必ずこのサプリメントが入っているパッケージを持って行くようにしてください。

 

商品パッケ―ジの裏に「食物アレルギーのある方は、原材料名をご確認の上、ご使用をお決めください。」と明記されています。

 

リポサンウルトラという成分は、海老から作られるので、海老アレルギーをお持ちの方にはお勧めできません。また、大豆やゼラチン、やまいもなどのアレルギーがある方も注意して下さい。

 

今までアレルギー症状が出たことのない方も、何らかの成分が体に合わず、アレルギー反応が出る可能性があります。そういった場合も、すぐに飲むのを止めるようにしてください。

カロリナ酵素プラスの安全性はどう?

このサプリメントは、国内認定工場で作られています。厳しい品質管理のもと作られていて、安全基準もきちんとクリアしています。安全安心のサプリメントといえます。

 

ただ、先にも書かせていただいた通り、副作用の心配はほとんどなく、稀に下痢や腹痛などが起こることがあるといった程度です。アレルギーに関しては、サプリメントを飲んだ時の体調によっては、何らかの反応が出る可能性もあります。

 

これは、このサプリメントに限ったことではありません。どんなサプリメントを飲んでも、ありえることなのです。

 

カロリナ酵素プラスを初めて飲まれる時は、体調も良い時に始めることをおすすめします。何度も言いますが、何らかの異常が現れた時は、すぐに飲むのを中止して下さい。飲むのをやめても、改善されないなら、病院を受診するようにしてくださいね。