カロリナ酵素プラスは授乳中でもOK?これだけは気をつけたいこと

産後の授乳中はしっかり栄養をとらないといけないけど、ダイエットも意識しますよね。カロリナ酵素プラスは、授乳中でも飲めるのか。飲む場合、どういったことに気をつけるべきなのかを、調べましたのでご紹介させていただきます。

 

女性はママになってもきれいでいたいですよね。実際、最近の子育て中のママは、美意識も高く、産後すぐからダイエットされる方もいます。これから出産を控えている方、産後の体型の崩れでお悩みの方必見です。

カロリナ酵素プラスは授乳中に飲んでもいいの?

ダイエットサポートサプリメントのカロリナ酵素プラス。公式サイトをみてみると、「よくある質問」のところで、妊娠中に飲めるのかという質問に対する答えが掲載されています。

 

「害を及ぼす成分は入っておりませんが、デリケートな時期の為、お控えください。」

 

となっています。NGではないけれど、おすすめはできないということです。妊娠中に控えた方が良いということは、当然授乳中も同じということになります。

 

このサプリメントに含まれている成分は、害になるものは使われていませんが、稀にお通じがよくなりすぎて下痢をする方もいらっしゃいます。そういった副作用的な症状が現れる可能性もあるので、おすすめできません。

 

また、授乳中は、ママが口にしたものを赤ちゃんも母乳を介して摂取することになります。どんな影響があるのかわかりません。産後のダイエットの為に、ダイエットサポートサプリメントを飲むとしても、妊娠中や授乳中でも飲める物を選ぶようにしましょう。

 

でも、どうしても授乳中にこのサプリメントが飲みたいという方は、必ずかかりつけの医師に相談してみてからにしましょう。

産後ダイエットはサプリメントは使えない?

産後ダイエットは、多くのママが意識することです。妊娠してから出産までに10kg以上の体重増になってしまう方も少なくありません。いざ出産してみると、3〜4kg程度しか減っていなくてショックを受けた方も多いはずです。

 

授乳中は赤ちゃんにしっかり栄養をおくる為に、それこそ二人分食べないといけなくなります。それでもやっぱり体型も戻したいというのが女心です。

 

産後ダイエットにサプリメントは使えないわけではありません。実際、授乳期間中でも飲めるダイエットサプリメントはいくつかあります。ただ、サプリメントの成分が、母乳を介して赤ちゃんにも届いてしまうということを忘れてはいけません。

 

害となる成分が使われていなくても、すくすく育ってくれないといけない時期に、ダイエット効果が期待できる成分を摂るのはおかしいですよね。赤ちゃんにとっては必要のない成分です。

 

母乳育児をされている方は、しっかり食べていても、自然と体重が落ちていきます。やはり授乳というのは、私たちが想像している以上に、赤ちゃんに栄養を持って行かれてしまうのです。

 

産後ダイエットをしなくても、ある程度の体重は自然と落ちていくので、「痩せなければ」と過剰に意識しないようにしましょう。ダイエットは意識せず、赤ちゃんの成長の事だけを考えてあげるようにしてください。

 

産後ダイエットは、卒乳してからでもできます。卒乳してくれれば、サプリメントも何の心配もせず飲むことができます。卒乳の時期は、お子様の成長や、ママの考え方によっても違ってきます。授乳期間は、赤ちゃんと触れ合えるとても貴重な時期ですので大切にしてください。

授乳が終わったらカロリナ酵素プラスでキレイママを目指そう!

カロリナ酵素プラスを授乳中に飲むのはNGではありません。でも赤ちゃんへの影響や、デリケートなママの体の事を考えても、この期間中に飲むのはお勧めできません。

 

授乳が終わってから、カロリナ酵素プラスを始めましょう。ですが、それだけに頼っては産後のダイエットは成功しません。意識して体を動かすようにし、授乳中と同じように、栄養バランスのとれた食生活を心掛けて下さい。子育て中はなかなか難しいですが、しっかりと睡眠時間をとるようにしましょう。

 

そういった生活にカロリナ酵素プラスを加えることで、産後太り解消効果が期待できます。

 

ママになっても、女性であることを忘れてはいけません。いくつになっても子供や旦那さんから「キレイ」といってもらえるように、カロリナ酵素を上手にとりいれていってください。